Smily Blog

「すまいりマンスリー」から引っ越しました。

Smily Books Blog 2017年11月更新中

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える アンソニー・ロビンズ(三笠書房)

1.あなたを大物にする「不思議な力(パワー)」
(1)究極の成功方程式
?「目標」を持つ事
 自分の望みを正確に定義する
?「行動」する事
 希望通りとなる最短の行動を取る
?行動の結果が望みに近づいているか、遠ざかっているか速やかに判別できる事
?柔軟性を身につける事
 希望通りの結果が得られるまで、絶えず適応、調整、挑戦する

2.「成功方程式」のマスター法
(1)モデリング(成功者を真似る時)の3要素
?信念体系
 成功者の信念体系
?思考回路
 成功者の心のシンタックス(構文)
 頭に浮かんだ考えをどのように系統的に配列するか
?生理機能
 外見や身体の動き(呼吸法、姿勢、表情など)

3.信念強化法
(1)ストコーマ(視覚神経系の異常により視野の一部が失われる)
 「できない」と言った瞬間、脳がそれを見るなという指令を出す
(2)信念がどこから生まれるか
 ?環境?経験・出来事?知識?成功体験?イメージ

4.スイッシュ・パターン
 能力を発揮できない状態を作り出している内面的イメージを発揮できる新しいイメージに自動的に切り替える
(1)何を変えたいかを明確にする
例えば「爪を噛むクセ」をなくしたいのならば、その時の具体的な状態、動作を具体的にイメージ
(2)行動を変えたらどうなるか、どんな意味があるかを思い浮かべる
 きれいな爪、服装、身だしなみ良く落ち着いた理想の自分の姿をイメージする
(3)2つのイメージを一瞬で変換させる
 ?変えたいイメージを大きく、明るくイメージし、その画面の右下に理想のイメージを小さく、暗くイメージする
 ?理想のイメージが変えたいイメージを一瞬に吹き飛ばすところを思い浮かべる(「シュッ」と声に出す)
 ?できるだけすばやく5、6回繰り返す

5.効果的なミラーリング
(1)相手の感覚タイプをつかんでミラーリングする
 ?視覚タイプ
  口癖:「私にはそう見える」「そんなことは想像できない」
  動作:息が浅く早口で指差しなど動作が大きい
 ?聴覚タイプ
  口癖:「それはよく聞こえる」「心に響く」
  動作:話し方にメリハリがあり、腹式呼吸で両手を組むなどバランスのとれた姿勢
 ?体感覚タイプ
  口癖:「しっくりこない」「仕事が手につかない」
  動作:ゆっくりした話し方で、声は太く低くてリラックスした姿勢
(2)相手に同調するときだけでなく、自分の不得意分野克服にも利用できる
 例えば自分が聴覚タイプの場合、視覚的に表現された図形、概念を聴覚イメージに置き換えてみる

6.「つねに最高の自分」を引き出すプログラミング
(1)ストレスを感じたときに悪癖(煙草、酒など)に手を伸ばす条件反射より、もっと有益なものにアンカリング(条件付け)しておく
 ?心身共に調和し、充実しているときにアンカリング
 ?最高潮に達した瞬間に体の一部に刺激を与えることでアンカリング
 ?体への刺激は普段と異なる特別なもの(脳に明確に伝え、かつ間違えさせないため)
  →例えば右利きの人なら、左手で握りこぶしを作るなど
 ?体への刺激は正確に、かつ反復しなければならない
(2)アンカリングの「きっかけ」(良いもの、悪いもの)の一覧表を作ること
 視覚的、聴覚的、体感覚的な刺激で分類し、悪いもの(否定的な状態になるアンカリング)に対して良いものを最大限利用すること
(3)自己満足にどう対処するか
 ?生きるのに忙しくない奴は、死ぬのに忙しいと心得ること
 ?役に立つことだけを口にし、つまらないことには目も耳も貸さないこと
  →つまらないことにかかわらない、小さなことを大げさにいつまでも考えないなど
 ?手に入れられそうだと思った分より、さらに多くのものを与えること
  →真の幸福を約束する最も重要なカギ
  →生きることは与えることだと心得ること

Remove all ads