Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Smily Blog

「すまいりマンスリー」から引っ越しました。

Smily Books Blog 2017年3月更新中

企画書プロフェッショナルへの道 黒柳 篤(中経出版)

book

1.まず企画の本質を知る
(1)シーズ型とニーズ型
 通常は2つの混合であり、どちらにより近いかを目安とする
 ?シーズ型
  既存技術を製品化するため、初期費用が少なくて済む
  ニーズを満たすかどうかが問題点となりやすい
 ?ニーズ型
  新規開発のため初期投資額が多くなる
(2)ニーズの種類
 ?見かけのニーズ
  アンケートやインタビューで得られる表面的な顕在ニーズ
 ?隠れたニーズ
  ユーザ自身も発言、表現できないような潜在的なニーズ
 ?真のニーズ
  ?、?がそもそもどこから生まれているのか、なぜ生まれたのかを考えぬいた結果、得られるニーズ
(3)新規事業のパターン
 ?既存事業があって成り立つ新規事業(例.寿司屋→寿司懐石料理に改装)
 ?既存事業を活かす新規事業(例.寿司屋→寿司メニューを増やした居酒屋の併設)
 ?既存事業と無関係の新規事業(例.寿司屋→アパレル店舗)
(4)アンゾフのマトリクス
 「市場」と「製品」、「既存」と「新規」で事業拡大を捉えるマトリクス
 ?既存市場で既存製品→市場浸透
  現在の市場で現行製品・サービスを改良、チャネル拡大
 ?既存市場で新製品→製品開発
  新しい製品・サービスを既存の顧客向けに開発
 ?新市場で既存製品→市場拡大
  国内販売から海外へ拡大、幼児向けを改良して高齢者向けに拡大など  
 ?既存市場で既存製品→多角化
  全くの新規事業

2.調査・分析の鬼になる
(1)3C分析
 ?基本は漏れのない視点(切り口)を作ることだが、対象となる市場へそもそも参入すべきかどうか、
  またその市場でどう戦うのかまで分析しないといけない
 ?競合相手から見て、自社が競合相手となるのか、また自社が市場参入したらどんな行動を起こすか考えておくこと
(2)PEST
 Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)のこと
 3Cにある「顧客」「競合」以外のマクロな視点で捉えた環境も押さえておかないと、
 大きな意味で市場の魅力があるかどうかを見誤ってしまう
(3)分析とはメッセージである
 調査した結果をまとめただけでは意味がなく、その結果から何が言えるのか、何が導き出せるのかまで考え抜くこと
(4)5F分析
 3Cにある「競合」以外にも業界に関連した売り手・買い手、その他新規参入・代替品を含めて、分析すること
(5)アドバンテージ・マトリクス
 横軸「規模の効果」、縦軸「収益性」とし事業の特性を4つに分類する
 ?規模が大きくても収益性小:手詰まり型
 ?規模が大きいほど収益性大:規模型
 ?規模が小さくても収益性大:分散型
 ?規模に関係なく収益性大:特化型
(6)顧客調査
 ?まず何を聞くのかを絞り込むこと(それを知るためのアンケート、座談会を開いても良い)
 ?アンケートでは質問したことしか答えてくれない(聞いていないことには答えてくれない)
 ?あらかじめ必要な有効回答数を決めて、それを満たすようなサンプル数を決めること(例:必要回答数300なら、サンプル数2000)
 ?アンケート結果はクロス集計などで絞込み、メッセージを導き出すこと
(7)SWOT分析
 最後にSWOT分析でまとめ直すこと
 ?外部環境のO(機会)とT(脅威)に自社のS(強み)とW(弱み)を付け加えることで導かれるメッセージを見つけること
  →自社分析の方が思い込みに影響される分、難しい
 ?積極的攻勢(Oに対し、Sをどう活かすか)
 ?差別化戦略(TをOに変えるにはSをどう活かすか)
 ?段階的施策(Oを得るにはどのようにWを克服するか)
 ?専守防衛または撤退(WでありTという最悪の事態をどう回避するか)

3.企画立案とは、考え抜くこと
(1)「思考停止ワード」(ブランド力、差別化、集中、効率化など)を使った「白紙の主張」になっていないか
 「思考停止ワード」だけで説明された内容は、具体的には何も主張していないことが多い
(2)マーケティング戦略をたてる
 ?基本戦略は4P(製品、価格、広告・宣伝、販売チャネル)で考える
  4Pは互いに関連しあっているため、整合性がとれていること(単独で素晴らしいアイデアでも意味がない)
 ?基本戦略を示すことができたら、次に成長戦略を考える
  新規の場合、参入した後のことを考える
 ?事業戦略(儲かるかどうか)を考える
  ・投資回収期間法(Pay Back)
   3年あるいは5年という基準を決めて、それまでに投資を回収することを示すため、直感的でわかりやすい
   ただし、将来の価値変化(インフレなど)や回収後の利益は考慮されず、基準とした年数の根拠(なぜ3年としたのか?)もないため、説得力に乏しい
  ・NPV、IRR
   将来の利益も考慮しているため、投資決断がしやすい
   ただし、直感的には難解であり、上司を説得するのに労力を要する
   よって、最策のシナリオも含めた複数のシナリオ分析を行い、値を出しておくこと

Remove all ads