Smily Blog

「すまいりマンスリー」から引っ越しました。

Smily Books Blog 2017年8月更新中

マッキンゼー流図解の技術 ジーン・ゼラズニー(東洋経済新報社)

1.チャートを選ぶ
(1)5つの基本形と3つの作成ステップ
・5つの基本形
 パイチャート、バーチャート、コラムチャート、ラインチャート、ドットチャート
・3つの作成ステップ
①メッセージの決定
 データから主張したいメッセージをタイトルにする(例.当社では製品Aの売上が倍増した)
 データのトピックやテーマはタイトルにしないこと(例.当社の売上動向)
②比較方法の決定(何をどのように比較したメッセージか選別)
 コンポーネント(構成要素)比較法、
 アイテム比較法
 時系列比較法
 頻度比較法
 相関比較法
③チャートフォームを選択
 5つの基本形から選択
(2)メッセージ語句から比較方法選定
コンポーネント(構成要素)比較法
 「シェア、パーセンテージ」等
②アイテム比較法(項目のランキング比較)
 「多い、少ない、同程度」等
③時系列比較法
 「期間内で増加/減少、変動/安定、上昇/下降、成長」等
④頻度比較法
 「XからYの間に集中、分布」等
⑤相関比較法
 「〜に従って増加/減少、変動」等


2.チャートをスクリーンで見せる
(1)カラーの選択
・使用するカラーが目立つように背景に黒を使う
・チャートの色は青や緑、その上で強調すべき所を白や黄色とする

Remove all ads