Smily Blog

「すまいりマンスリー」から引っ越しました。

Smily Books Blog 2018年10月更新中

みにっと・ばい・みにっと

AORで飽きない曲の1つがコレ。

www.musicnotes.com

musicnotes.comで見つけたシート見ると、

ピアノの右手コードに合わせてギターコードが付いてる(^^;;

でも、この有名なイントロはピアノで(左手も合わせて)弾いてナンボですね。

左手は単なる8分のオクターブ弾いてるだけなんだけど、

3音ワンフレーズで捉えると、オクターブの表と裏が交互ひっくり返って聴こえる。

 

で、ママに譜面見せると(初見で)サラッと弾いてもらえました(流石)

弾いた感想を聞くと「ふ〜ん(別に)」の一言(´・ω・`)

「左手の表と裏ひっくり返り」の件を説明しても、あまりピンときてない様。

 

どーやら完全独立性(頭で意識せず譜面通り指が動く事をそう勝手に定義)が高くなると、左手オクターブが表(小指)だとか裏(親指)だとか、どっちで弾いてるってあまり感じなくなるのかなぁ。。

ギターだと表(通常ダウンピッキング)と裏(通常アップピッキング)って、すごく意識してる気がするのだけど。。

それとも右手コードの譜割のリズムだけ意識して、単なる三拍子(もしくは6/4の六拍子?)と解釈して弾いてたのかな。また時間ある時、調査継続してみまする。。

www.youtube.com